温泉・露天風呂誰もが知っている有名温泉から、ひっそり佇む穴場の温泉まで全国の温泉ガイド

赤湯温泉

FrontPage
赤湯温泉

「赤湯」の由来は、今から900年前、八幡太郎義家の弟義綱が、渾々と湧き出す湯を発見し、戦いで傷ついた家来たちを湯に入れると、たちまち傷が治り、傷から出た血で温泉は深紅に染まったと言われることから。泉質はナトリウム・カルシウム塩化物温泉。源泉は63度で、きりきず、やけど、皮膚病などに効くという。

赤湯温泉周辺の温泉宿一覧

温泉地によっては、宿泊施設が広範囲に渡っている場合がございます。
必ず各施設の住所やアクセス方法をご確認の上、予約にお進みください。
【旅館】
森の湯
赤湯温泉
(\9,450〜)

心地いいおもてなしと静寂の時間に包まれるプライベートな空間

 【旅館】 

丹泉ホテル
赤湯温泉
(\8,350〜)

檜の貸切風呂が人気!米沢牛・三元豚も是非!一人旅・ペットも歓迎

 【旅館】 

上杉の御湯 御殿守
赤湯温泉
(\16,800〜)

巨石風呂や源泉風呂など十二のお風呂と米沢牛料理が楽しめる!!

【旅館】
いきかえりの宿 瀧波
赤湯温泉
(\9,800〜)

300年前の庄屋の館で、時の流れを感じて下さい

 【旅館】 

旅館大和屋
赤湯温泉
(\7,140〜)

本場米沢牛と四季の会席料理を愉しむ、私設美術館のような食の宿。

 【旅館】 

旅館大文字屋
赤湯温泉
(\8,550〜)

伊能忠敬が泊まった老舗旅館。源泉掛流し100%と米沢牛の宿。

【旅館】
旅館松島館
赤湯温泉
(\22,050〜)

新築オ−プン 心が憩う、上質なくつろぎ、豊かな空間。

 【旅館】 

湯宿 升形屋
赤湯温泉
(\5,000〜)

源泉かけ流し あったまりの宿

powered by Quick Homepage Maker 3.30
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional